初心者におすすめなヨガマット

初心者の方はどんなヨガマットを選べばいいのでしょうか?1番安定した選び方としては「PVC」素材のモノを選ぶことです。コチラは最も一般的に出回っているヨガマットの素材ではないかと思います。

 

カラーバリエーションも圧倒的に多く、値段もかなり安価なものが多いので、最初の1枚や試しにヨガをやってみよう!という方は手に取りやすいですね。ただし、汗で滑りやすいモノ多いのが難点です。その他にもノーブランドのことが殆どなので、信頼性の観点から少し不安かもしれません。

 

サイズに関しては体の大きさに合ったモノを選ぶことが一般的ですが、ヨガマットを初めて買う方はイメージが付かないかもしれません。その場合、大きめのサイズを買うと失敗がなく済みます。

 

ポーズによっては大きなスペースが必要な場合も多いです。例えば開脚のポーズですと180cm以上必要になってきますし、太陽礼拝も移動が多いので多くのスペースが必要になってきます。但し収納場所を多くとりますし、重さも増えるのでそのあたりの修正は必要かと思います。

 

おススメのヨガマットを厚さなどのサイズから〜値段、色など、様々な視点からご紹介します。ヨガマット1つでポーズの取りやすさは大幅に変化します。ぜひベストなヨガマットを見つけてください。

 

ヨガの熟練度でマットを選ぶのがオーソドックスですが、気に入ったモノがあれば、初心者でも上級者向きを買って何も問題ないかと思います。上級者用のヨガマットだと、初心者に扱いずらいかと言えば、必ずしもそんなことはありません。やはり気に入ったヨガマットを選ぶことがおすすめですね。

ヨガマットの効果

ヨガマットの効果を大きく分けるとグリップ力とクッション性、それから汗の滑りやすさだと思います。

グリップ力

ヨガのポーズは静かな動きでも足首にかかる力はかなりの負担になります。特に膝を曲げるポーズ、例えば合蹠(がっせき)のポーズでは床の上ですと、踏ん張りが効かないですしそもそも床に足が押し付けられる形となるため非常に痛いです。

 

立位のポーズではさらにグリップ力が必要になりますし、床の上で行うと転倒の危険もでてきます。英雄のポーズや車輪のポーズは特にヨガマットの上で行うことを推奨です。怪我の予防に加えて踏ん張りが効く点がグリップ性の魅力と言えますね。

クッション性

こちらは単純に固い床の上ですとお尻や踵が痛くなることを防ぐ効果です。慣れると痛みはほとんどなく、例え1mmのヨガマットの上でも出来るのですが、初心者の方は多少の厚み(5mm以上)があるヨガマットの方がおすすめです。

 

但し10oなどかなり極厚のヨガマットの場合は、立位のポーズがしにくいといったデメリットもあります。ご自身の行うヨガの流派やポーズで決めるのも良さそうです。

汗対策

ホットヨガは例外としても、ヨガは結構汗をかくスポーツです。そのため汗を受け止める役割としてヨガマットがあると大助かりなんです。ヨガマットによっては汗をしっかり吸収したり、簡単に水洗い出来たりなど色々な工夫がされています。ヨガの最中にかく汗が不快に感じる方は特に吸水性と速乾性に優れたヨガマットを選ぶといいと思います。

ヨガマット おすすめの厚さ

厚さを選ぶ基準でよく勘違いされがちなことに、マットが厚ければ厚いほどグリップ力が強いと思っていいる方が多いです。実は厚みとグリップ力はほとんど関係ないんです。むしろ薄いマットレスの方が体重が逃げない分、よりグリップが効くといった声も多いですね。

サイズごとの特徴

3mm〜5mm

薄いマットは一見デメリットのように思えますが、立位のポーズをとる際は非常に取りやすいです。動きの激しい、パワーヨガやアシュタンガヨガに向いているマットレスですね。その反面、座位のポーズはクッションが少ないため、お尻や踵が痛く感じる方が多いです。ですが、ヨガの上級者は薄いマットレスを使うことが多いです。薄いと床の方さをダイレクトに感じることができる点も魅力の一つです。

5mm〜6mm

平均的な厚さのマットレスになります。厚めのマットレスに比べればかなり軽めですが、それでも持ち運びには不便です。基本は自宅用ですね。立ちポーズにも座りポーズにも対応しており、デメリットらしいデメリットもありませんので、初心者でも安心して使えます。

6mm〜8mm

厚めのヨガマットになります。用途としては、座位や寝た状態でのポーズに適しています。また、同じポーズを長時間行う陰ヨガなどにも向いています。

 

デメリットとしては2s以上のモノが殆どな為持ち運びが非常に不便だということです。基本は自宅用ですね。

ちょっとした裏技

3oのヨガマットを2枚重ねるという方法もあります。これですと、もし1枚のマットレスでは体が痛くても2枚重ねれば問題ないと思います。薄い方が上級者向きですが、初心者の場合はほとんどの方が踵や坐骨が痛くなると思います。慣れるまでは2枚重ねで、次第に1枚にしていくとモチベーションが上がっていいかもしれません。

厚さで選らぶポイント

ヨガポーズの取りやすさで考えた場合、薄い方がポーズを取りやすいモノの、クッション性の問題で体が痛くなることがあります。薄いマットレスは多少の慣れが必要のようですね。そして持ち運び安さに関してですが、当然軽い方がイイです。以下に重さとサイズの目安をまとめてみました。

1mm厚のヨガマット:1kg以下
3mm〜5mmの厚さ:1kg〜2.5kg
6mm〜9mmの厚さ:2kg〜3.5kg
10mm以上のマット:2kg以上

もう1つ大事なポイントが収納性です。丸めたときのサイズが重要になりまして、厚みだけ見たら1mm程度の差でも、丸めるとかなりの違いがあります。

ヨガマット おすすめの色

ヨガマットのカラーバリエーションは数え切れないほどあります。一体どんな色が人気なのでしょう。また、ヨガには瞑想がありますので、実は選ぶ色もそれなりに重要なのです。

色による性能の差?

たまにスタジオでも話題になることですが、染料の種類が異なるため材質も多少の変化を及ぼすという意見です。確かに多少の違いはありますが、ほとんど気にならないレベルです。

最も人気の色は?

一番人気の色はピンクもマットレスになります。ヨガマットの通販サイトなどでもだいたいがピンクだと思います。実際にスタジオで貸し出しするヨガマットのストックもピンクが一番多いです。次いで人気の色は青、紫と続きます。基本は明るめの蛍光カラーが人気ですね。

 

最近のヨガマットは柄も拘っています。花柄のモノを主流にスタイリッシュなデザインや自然の植物をイメージしたものなど、たくさんありますね。ですが、やはり人気なモノは単色のヨガマット!スタジオで柄付きのヨガマットだと少し目立つかもしれません。

ヨガマット おすすめのブランド

ヨガマットのブランドについてはコチラのページでも詳しく書いています。ご参照ください。
「ヨガマット ブランドで選ぶ」
選び方として人気の高いブランドのヨガマットを買うと失敗も少なく済みます。今回は5つのブランドを簡単に紹介しますね。

リアルストーン

創立は1989年女性用のフィットネスウェアを販売しています。ウェアの7割以上を占めていますが、ヨガマットや、ヨガラグ、ヨガマットバンドなど取り揃えています。

ヨガデザインラボ

カラフルなデザインが特徴的です。デザイナーはサーファーでもあるチャド・ターナー氏。他の柄付きのヨガマットと、かなり異なるデザインで、おしゃれなカーペットのようなものから、ステンドガラスのようなものまで他のヨガマットと比べてかなり目立ちます。種類も子供用のものから、厚さが1mmのもの、折りたためるものまで凝ったものが多いです。

ジェイドヨガ

アメリカの会社で、元は絨毯の滑り止めを製造していましたが現在ではヨガマットも販売しています。天然ゴム100%が特徴で自然に優しいのはもちろんですが、協力なグリップ力が強みで様々なポーズが快適に取れると評判ですね。天然ゴム100%にしては安い商品もあり、素材にこだわる方におすすめのブランドです。

スリア

知名度の高いヨガブランドですね。元々はアウトドアやサイクリングの製品を販売しておりましたが、2004年からヨガブランドとして確立しました。2003年からのヨガブームに乗った形ですね。自然環境にもよいTPE素材を使用しており、サイズの豊富さやグリップ力、耐久性など申し分ないですね。

ヨガワークス

多くのヨガスタジオで使われているヨガマットですね、その為スリアと並んで知名度は高いです。ヨガマットも滑りにくい加工がされており、使いやすいと評判です。価格も安めの設定で、初心者の方におすすめです。

ヨガマット グリップ力でおすすめ

良いヨガマットの最も重要な条件として、グリップ力が挙げられます。ヨガのポーズをとる上で、グリップ力が強いに越したことはないです。グリップ力が強力で滑りにくいヨガマットを3つご紹介します。

【ジェイド・ヨガ】マット ハーモニープロフェッショナル 4.5mm

出典元:https://www.tokyo-yogawear.jp/fs/ty20/jadeyoga/JD-HPR45
天然ゴムで作られたグリップ力とクッション性にこだわったヨガマットです。多くのヨガ上級者の間で指示されている「Jade」のヨガマットの中でも1番人気のモデルです。ダウンドッグや王者のポーズでもガッチリ固定できます。

 

天然ゴムならではの、汗をかいても滑りにくい素材なのでホットヨガでも滑りしらずです。

【ブラックマット】 PRO(約6mm)

出典元:https://goo.gl/NHcj8W
グリップ力の強いヨガマットと言えば、ブラックマットを外すわけにはいきません。素材はPVCながら、超高密度のゴムを何重にも敷き詰めておりグリップ力はもちろんのこと、強い衝撃にも耐え、どんなアクロバットなポーズにも対応できます。それだけでなく、ゴム素材を使っていながらシルク生地のような仕上がりで、大量の汗でもベタつかず強いグリップ力を発揮できます。

【プラナ】 エコヨガマット

出典元:http://www.oshmans-online.jp/shop/g/g2977000711/
強いグリップの秘密は素材にあります。名前の通り非常にエコなマットレスでして、オーガニックコットンやリサイクルポリエステル、さらには竹から作られるレーヨン素材など非常に拘ってますね。合成素材にはない、肌にも環境にも優しいグリップ力を体験できます。

まとめ

今回はサイズや、グリップ力、クッション性など様々な視点からヨガマットは紹介してみました。
ヨガマットの価格は1万円以上するものから2千円前後で買えるものまで、値段の差が大きいです。初心者であれば2〜3千円前後のモノで十分といえるでしょう。ただしお手頃なヨガマットの場合、素材がPVCの場合が多くこの素材の特徴として、ハードなヨガを行うと直ぐに傷んでしまいます。長く使うと決めている方であれば、TPEの方がいいかと思います。ヨガのレベルに合った素材を選ぶと、欲しいヨガマットが見つかりやすくなるかと思います。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!

楽してダイエットできますよ


動画内容


movie1:基本の呼吸法

自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ

ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ

ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!


ツライ腰痛がスーッと消える!

>>3つの動画を無料でプレゼント中<<