ヨガインストラクターになるには

ヨガを続けていくうちに、ヨガインストラクターになりたい!と思う方は多いと思います。では実際はどうやってなるのでしょうか?

 

ヨガのポーズが上手であったり、柔軟性が物凄く高いなど、身体的な要素は多いかと思いますが、講師という立場なため教えることが上手い人がやはり優遇されるのではないでしょうか?それではヨガインストラクターになる方法を「独学」でヨガを行う観点からお話します。

ヨガの資格はどんな種類があるの?

実はヨガの資格って、国家資格ではないのです。よって資格がなくても教えることは可能となります。

 

ですが、民間の資格でなら多数あります。やはり資格を持っていたらどれくらいのレベルなのか解かりやすいですし、インストラクターとして就職する際にも有利に♪そこは他の職業と同じですね。

全米ヨガアライアンスとは?

最も有名な資格は「全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)」というもの。ヨガを独学でされている、ですとか、ヨガスクール通われている方でもあまり知らないと思います。

 

全米ヨガアライアンスは、80年代にアメリカで設立された世界最級のヨガ協会です。そこが決めた養成スクールでの講義や実技を200時間受けるというもの。時間がスゴイでよね。

 

ただし合格率は100%なので受講すれば誰でもその資格を得ることができます。さらに上を目指す人は、RYT300、RYT500まで、など更に長時間の訓練を行うことも可能です。

かかる費用や時間は?

時間はRYT200の場合は200時間ですが、期間はどれくらいなのでしょうか?約3カ月〜1年というのが平均のようです。

 

されに値段を見てみますと、40万〜60万円とのこと。こう考えると、専門学校に行くよりはお手軽ですね。

独学でもインストラクターになれる?

ヨガのインストラクターに必須の資格というものはないです。なぜならヨガの資格は全て民間だからです。なので極端な話、すぐにでもヨガインストラクターと名乗っても何も問題ありませんし、ヨガスクールの開業も可能となります。

 

ですが、箔を付けるためにもなにか資格が欲しいものです。養成所やスクールに行かずに取れる資格はないでしょか?

 

実はあまりないのです。一定期間の研修を受ける必要がある為、なにかしらスクールや養成所へ通わないと資格の取得は難しいものとなっています。

優秀なヨガインストラクターの条件とは!

ヨガインストラクターに向いている人は、当然ですがヨガが大好きであること。ポーズのクオリティを維持することが必須なため、自分自身も必ずヨガをし続けるくらい好きでなければ長続きするのは難しいかと思います。

 

また、ポーズをとりながらの呼吸や、瞑想などヨガの詳しい知識も求められるでしょう。1レッスンは60分以上あります。さらに1日数コマあるとして、それなりの体力と元気が必要になります。

生徒をよく見るインストラクター

生徒のことを見ないで、自分のポーズにばかり気を取られるインストラクターは、じつは結構います。せっかく教室に来ているのに、それだとヨガDVDと変わらないですよね。

質問に的確に答えるインストラクター

ヨガの正しいポーズや知識に関する質問はもちろんですが、健康に関する質問を受けることもしばしば。例えば、季節によっては風邪に関することや花粉症など、ヨガで少しでも対応策をとれるものならばなんでも答えることができるぐらいが望ましいです。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!

楽してダイエットできますよ


動画内容


movie1:基本の呼吸法

自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ

ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ

ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!


ツライ腰痛がスーッと消える!

>>3つの動画を無料でプレゼント中<<