ハタヨガ

ヨガの元祖であると言われているのがハタヨガであるとされています。

基本的には、肉体的な姿勢と呼吸法を中心として行うもので、心身を清浄させていくとされています。

ハタヨガの歴史

ハタヨガの歴史は数千年前にさかのぼることになるので諸説ありますが、元々は瞑想だったようです。じっと動かずに座り続けているのは普通の人から考えたら難しいことで、馴染みにくかったようです。

そこで、ただ座るだけではなく、アーサナと呼吸を組み合わせた今の形になっていったのがハタヨガとされています。

そして、ハタヨガをベースに生まれたのがアイアンガーヨガ、パワーヨガ、アシュタンガヨガになります。

さらに、高温多湿の空間でヨガを行うホットヨガもハタヨガの流れを汲んでいるヨガとしてあげられます。

ハタヨガの意味は?

ハタヨガの「ハタ」とはサンスクリット語です。

ハタの意味
・ハ(ha) 太陽
・タ(tha) 

を意味しています。

ハタを直訳すると太陽となりますね。

太陽と月は陽と陰、男と女、上と下や理想と現実など、相対するものの代表的な存在と言ってもいいと思います。そして「ヨガ」には、「結ぶ」という意味があり、ハタヨガは訳すと太陽と月を結ぶとなり、解釈としては相対するものを結ぶとなります。

これは調和させ、バランスをとるという事を原則としているヨガなのです。

ハタヨガのもう一つの意味

ハタヨガには太陽と月という相対する意味がありますが、

ハタのもう一つの意味
・ハ(ha) 吸う息
・タ(tha) 吐く息

という意味もあり、レッスンでは基本的にはポーズの完成ではなく、呼吸の使い方に意識を向けて行っています。外側に向けて呼吸をしっかりすることで、身体の内側を見つめやすくなっていくのです。

ハタヨガを続けていく事でポーズと呼吸に集中できるようになります。これはヨガだけではなく、日常生活にも良い方向に繋がっていきます。

続けていくと、周りの目が気にならなくなったり、身体の不調に気づきやすくなったりもしますので、体調の変化に対してとても敏感になります。

ハタヨガは、自分自身を見つめ直し、自分自身を知ることができるというのがルーツと言われたりもします。

ハタヨガのメリット

ヨガの初心者の方にもおすすめ

ハタヨガは呼吸に意識を集中させ、ゆっくりとポーズをとっていきます。ポーズをとる時も無理をせず、丁寧に行っていくので、流れの中に激しい動きをすることがありません。

その為、ヨガ初心者の方やお年寄りの方でもできる比較的ハードルの低いヨガです。

古典的なヨガである

ハタヨガは、現代の色んなヨガの原点と言われているヨガの基本になります。

アーサナの動作、身体の動き、呼吸の関連性や心や精神への効果なども廃れることなく受け継がれてきているので、そういった歴史を感じながら楽しむことができます。

ヨガの効果

柔軟性

ハタヨガの基本は先ほども少し書きましたが、ゆっくり一つずつ身体を動かしながらポーズをとることです。

身体全体を使って、そして体を意識しながらポーズを流れにそってとっていくので、普段の生活では使わないような部分を動かしながら筋肉も動かしていくので身体全体の柔軟性を高めることができます。

バランス感覚が良くなる

身体全体の筋肉を使うので、骨格、筋肉、内臓などを本来あるべき位置に戻して、本来の動きができるようにポーズをとることで調整をしていきます。

そのことで、どこにも偏った部分がないようにバランス感覚を調整させていくことができます。

高血圧に効果がある

ヨガは血圧を安定させてくれる効果があります。

アーサナには高血圧の人は避けた方がいいアーサナもあるので、体調等で行うポーズなども変更する事ができます。

うつやストレスに効果がある

うつ病やストレスを抱えている人は自律神経のバランスが乱れがちになります。

ヨガでは腹式で深く呼吸をします。その為、息を吐くときには副交感神経が刺激をされ、心を体のリラックス度を高めていく事ができるのです。

腰痛の治療に効果がある

軽い腰痛であれば、体を動かすことで改善させる事ができます。腰痛の原因は精神的な影響を大きく受けて発生するという見方もあります。

ヨガのリラックス効果、メンタルの強化の効果が腰痛の改善には有効であるという研究もあると言われています。

集中力のアップ

心と身体を統一させることがハタヨガの特徴です。

しっかりとポーズをとり、そしてその状態で体力を使ってキープします。ポーズをとり、それをキープするたびに集中のピークがくるので、それこそが集中力のアップに繋がります。

ハタヨガが重点に置いていることは?

ハタヨガは以下の肉体的な操作に重点を置いて心と身体を清浄させていきます。

・アーサナ(体位法や姿勢)
・プラーナヤーマ(呼吸)
・ムドラー(印相、手印、象徴的な体位)
・サマーデイ(三味)
・クリヤー、シャットカルマ(浄化法)
・バンダ(制御、締め付け)

ハタヨガの三大教本は、

・ゲーランダ・サンヒター
・ハタ・ヨガ・プラディーピカ
・シヴァ・サンヒター

です。

ハタヨガの呼吸法

ハタヨガに限った話ではないですが、ヨガを行う際に必ず必要になるのが呼吸法です。

日本人のほとんどの人は胸式呼吸を使うと言われています。さらに、男性は腹式呼吸女性は胸式呼吸をよく使うとも言われています。

しかし、人は大抵横になると無意識のうちに腹式呼吸を行っているのです。

赤ちゃんは生まれてから複式呼吸をしているので、腹式呼吸は人が最もリラックスする時に行っている呼吸であると言ってもいいでしょう。

そして、ハタヨガはこの複式呼吸をしっかり意識していく事がとても大事になります。複式呼吸を行う時のコツは横になって、お臍に両手を当てます。そしてその状態で鼻から深く深呼吸をして下さい。

息を吸った時お腹が膨らむのがわかると思います。

膨らんだら今度は息を吐く時、お腹を凹ませるように意識しながら吐いてみましょう。凹んだあと、自然に空気が入る際、お腹が膨らんだら胸にも吸い込んでみて下さい。最初はこれが難しいかもしれません。しかし、これを意識して行うことがヨガをする上での呼吸では大事になります。呼吸を意識する事で、心も安心させることができます。

お腹と胸の両方を使って呼吸をすることを胸腹呼吸と呼びます。

これはあまり聞き慣れないかもしれないですね。

そして、ヨガの呼吸法であるプラーマヤーマは完全呼吸と呼びます。

ハタヨガはどんな人におすすめ?

ヨガを始めるのに一番大切な事は自分の内部の感覚に耳を澄ませることです。ポーズの完成自体をインストラクターと比べてはいけません。

ヨガを初めてする人は完璧なポーズを目指そうとして無理をしてしまう人がいるのですが、人それぞれ骨格や筋肉の長さなどは違いがあり、身体状態も違いがあります。

無理をしてポーズをとろうとするとケガに繋がりますし、ヨガの本来の目的である自分を見つめる事から離れてしまいます。

できる範囲でしっかり自分自身の正しいポーズを見つけてあげれば問題はないので、そういう意味ではハタヨガは初心者向きのヨガだと思います。体力が十分にあり、体を動かすことが好きな人ならアシュタンガヨガやヴィンサヨガなどはおすすめします。

しかし、過去にケガをしたことがある人や、体力には不安がある人、リラックスしたい人などは、リストラティヴヨガや、陰ヨガなどがいいかと思います。

初心者の方が一番エクササイズ系を続ける上で大変なのはモチベーションの維持です。必要とわかっていても時間がなかったりを理由にどんどん後回しになってしまっているかもしれません。

しかし、短時間を継続的に続けていく事で早くても3ヵ月くらいで実感が出てくるようになります。

まとめ

ハタヨガはポーズをとることと、呼吸を意識する事で心をリラックスさせることができます。

身体を満遍なく動かして心を調え、バランスのとれた心身を手に入れましょう。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!楽してダイエットできますよ

動画内容

movie1:基本の呼吸法
自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ
ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ
ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!

ツライ腰痛がスーッと消える!
>>3つの動画を無料でプレゼント中<<