呼吸法~片鼻呼吸~

皆さんこんにちは!!YogaのインストラクターのAKIです。

今日はYogaの瞑想の時などに用いられる呼吸法の1つ、片鼻呼吸法について書いて行こうと思います。

Yogaでは鼻で呼吸をすることが多いですがそれにも意味があります。鼻からのみ気のエネルギーであるプラーナが入ると言われていたり、左右の鼻で陰と陽に別れていたりと、結構奥が深いです。

鼻呼吸のメリット

口呼吸の場合は、乾いて冷たい空気をそのまま直接肺の中に送り込んでしまいます。

そうするとウイルスを体に取り込んでしまったり、身体を冷やしてしまったりと健康に悪影響を与えてしまいがちです。

対して鼻呼吸の場合は粘膜や鼻毛で一旦フィルターにかける作用が働くのです。そこで冷たい空気や、ウイルスなどを抑えてくれます。

さらに、左右の鼻を順番に行うことにより陰陽のバランスも整ってきます♪

左鼻の呼吸は陰のエネルギーなので副交換神経を優位に右鼻の呼吸は陽のエネルギーで交感神経を優位にします。

片鼻呼吸法紹介

それでは実際に呼吸法の手順を見ていきましょう。

手順
・まずは楽な座り方で座ります
・右の手の人差し指と中指を曲げ、親指で右の鼻を抑えます
・ゆっくり左鼻で大きく吸って、ゆっくり吐きます
・次に、薬指と小指で左鼻を押さえて、同じくゆっくり右鼻で吸って、ゆっくり吐きます
・これを10回から20回ほど繰り返しましょう

片鼻呼吸法の効果

交感神経と副交感神経のバランスを整える効果が非常に高いです。

人間の脳は右脳(副交感が優位)と左脳(交感神経が優位)に別れていて、片鼻呼吸法でそれぞれに強い刺激を与えてそれぞれのバランスを整える!というもの。

さらに脳や顔の血流も上がると言われています。慣れてきたら5分以上行うと頭の疲れが取れてスッキリさせることができます。

呼吸音を聞きながら瞑想状態に慣れたらすごく気持ちがいいです^^ぜひ、忙しくて大変な時とか、落ち着きたい時など行ってみてください。リラックス効果が高いですよ。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!楽してダイエットできますよ

動画内容

movie1:基本の呼吸法
自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ
ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ
ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!

ツライ腰痛がスーッと消える!
>>3つの動画を無料でプレゼント中<<

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です