妊婦さん向けのマタニティーヨガ

みなさんこんにちは!インストラクターのAKIです。

今回は妊娠中に行うマタニティーヨガについて書いて行こうと思います。

男性の方は関係のないことかもしれませんが、ぜひ奥様への知識として読んでみてくださいね。

マタニティーヨガで大事な事

マタニティーヨガは、妊娠中の精神や肉体、呼吸などを整えて、心と体の安定を目指す事を目的とし、ゆっくりとした動きで行う有酸素運動です。

マタニティーヨガは妊娠中の冷え、むくみ、ストレス、体重の増加などを抑える効果があります。

マタニティーヨガを行うクラスでは、体に負担がかからないように激しい運動しません。

ゆっくりとした動きのプログラムを中心に、ストレッチをしたり呼吸法を行ったりなど、妊婦さんが無理なく行えるように組まれたプログラムになっています。

通常のヨガとマタニティーヨガの違い

通常のヨガは体幹を重視してインナーマッスルを鍛えることを目的としていますが、マタニティヨガはそれよりも、むくみや冷え、ストレスや体重増加を抑えるために行なうのが目的です。その為、妊娠中に起こりやすい症状をケアする事がマタニティーヨガではとても大事になります。

マタニティーヨガを行うと、精神的にリラックスする事もできますし、赤ちゃんを育む自分がどのような状態か、どうするべきかも見えきます。こういった普段は見えないものが見えてくるのもマタニティヨガの大きな特徴なのです。

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれバランスを崩しやすくなったりするので、お腹をケアするために身体の動きが作られています。

ではいくつかご紹介していきます。

コリを解消する為のポーズ

まずは、しっかりと胸を開いて妊娠中の「コリを解消するポーズ」です。

コリ解消のポーズ
・基本のあぐらの姿勢で骨盤を立たせるように座ります
・胸の前で手の平を合わせます
・鼻から息を吸いながら、ゆっくり合わせた両手を上へ伸ばす
・しっかり真っすぐに伸ばしきりましょう
・鼻から息を吐きながら両手を開き手を胸の前で合わせる。
・呼吸をしながら肩甲骨をしっかり動かしましょう!

しゃがみこみのポーズ

二つ目にしゃがみこみのポーズです。

このポーズは、子宮や尿道を下からハンモックのように支えている骨盤底筋を伸ばし、産道や会陰部を柔らかくする効果が期待できます。

しゃがみこみのポーズ
・足を肩幅に開いて、ゆっくりとしゃがんだら、足の内側に肘を入れて手の平を合わせる
・鼻からゆっくり息を吸いながら、合わせた両手を下げるようにして、両足の股関節をグッと開く
・鼻から息を吐きながら、開いた股関節をゆるめる。2~3回繰り返す
・両手を床について体を起こし、正座の姿勢になったら、一呼吸する
ただしこれらのポーズは妊娠30週以降の逆子の場合や、お腹が張りやすい人は控えてください

知識としてみなさんも是非行ってみてください。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!楽してダイエットできますよ

動画内容

movie1:基本の呼吸法
自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ
ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ
ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!

ツライ腰痛がスーッと消える!
>>3つの動画を無料でプレゼント中<<

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です