胸を開くポーズ

<% pageTitle %>

みなさんこんにちはインストラクターのAKIです。

今回はヨガの胸を開くポーズの効果を書いていこうと思います。

ヨガのクラスの中でも『胸を開いて』ということが多くあります。では、胸を開くとはどんなことでしょうか?

胸を開いてというと、基本は反るポーズ深い呼吸の時に行い、胸を両腕の間で引き上げるように開きます。

呼吸も胸を開く

深い呼吸というと横隔膜を使う呼吸で、ヨガでいう基本の腹式呼吸になります。

両腕もぐっと開いて後ろにもっていき、それと同時に胸も開いていきます。胸も鎖骨も開き刺激され、呼吸も深くなり、同時にエネルギーが体内に沢山流れてきます。

そして大胸筋を伸ばして刺激されるので、胸周辺の血行も良くなり、バストアップの効果も期待できますよ。また、背中を反らせるようなポーズをすると、姿勢矯正にも効果的です。

このように、胸を開くポーズは、いろいろと体に良い影響を与えているんです。

ただ腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛や妊婦さんや持病のある方は、注意し、腰痛などの症状が酷い方は行わない方が良いです。

魚のポーズ紹介

今回は胸を開いて深い呼吸をしていく「魚のポーズ』をご紹介していきます。

手順
・仰向けになって足は両足を揃えます。
・息を吸いながら骨盤を少し浮かせて、お尻の下に手を置いたら、手の甲にお尻を乗せるようにして、腕は背中の下にしまいこむようにしましょう
・息を吸いながら前腕と肘で地面を押すようにして、胸をゆっくりと天井の方に向けて突き出します
・ 頭の頂点を床に着け首を伸ばし、この状態を5呼吸キープします
を肩幅に開いてリラックスします
ポイントは、肩胛骨を背中の中央に軽く寄せるイメージです。

頭の頂点を床に着けたとき、頭で全体重を支えないようにしましょう。頭で支えると首を痛めるおそれがあるので、腕で支えるようにします。無理なく一緒に行いましょう。

無料動画紹介

ヨガの中でも人気の高い「呼吸法・腰痛予防・代謝アップ」の3つの動画を用意しました。是非ヨガの効果を実感してみてください。

3つのヨガを行うだけで体質改善!楽してダイエットできますよ

動画内容

movie1:基本の呼吸法
自律神経を落ち着かせることで日々のストレスを大幅にカットできます。

movie2:腰痛予防のヨガ
ヨガ独特の骨盤に効く腰痛改善です。座りっぱなしの方はぜひ!

movie3:代謝アップのヨガ
ポーズを流れるように行って血流を促進します。デトックス効果に期待してください!

ツライ腰痛がスーッと消える!
>>3つの動画を無料でプレゼント中<<

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です